家やマンションを購入される方の多くが、金融企業からの住宅ローンを利用して購入しております。しかし、長い年月をかけて支払いをしていくローンだけに、いざローンの支払いが出来なくなった場合の心配もしておく必要があります。そこでお勧めできるのが、疾病保障付住宅ローンの存在です。疾病保障付のローンは、大きく分けて三大疾病保障、八大疾病保障と、金融企業によってサービスの内容が異なります。癌や急性心筋梗塞、脳卒中といった重度な病気を患った際、所定の諸条件を満たしている場合はローンの残り残高が免除されるという仕組みとなっております。私は家を購入する際に八大疾病保障付住宅ローンを組んで購入しました。20年かけてローンを返済していく算段でしたが、ローン支払い8年目を迎えた時に心筋梗塞になり、脳にも支障をきたして仕事の退職を余儀なくされました。12年残されたローンについては、保証が確定され、再就職が出来ない状況の私でも購入した家を手元に残すことが出来たのです。

急な出費に心強いですね

私は、友人が多く、その分急な出費が多いほうだと感じます。
そのため、貯金切り崩さないように、クレジットカードを使ったりしていましたが、一時洒落にならないくらい使ってしまったので、それからクレジットカードは封印しました。
しかし、友人関係を封印することができないので、それでもなんとかしていましたが、さすがにもう無理ってなりました。
そんなときにレイクを利用しました。
レイクに決めた理由は、180日間の無利息ですね。
あまり消費者金融についての知識はありませんが、このサービスがお得なことくらいわかります。
私は家の近くにある自動契約機に向かい、そのまま申し込みをしました。
審査の時間はドキドキしましたね、クレジットカードは家から郵送したものだったので、ドキドキとはまったく無縁でした。
審査結果がでるまでに1時間くらいだったと思いますが、体感的には割と早いと感じましたね。
相変わらず急な出費は多いのですが、レイクを利用してなんとかピンチを切り抜けています。
カードローンの審査を夜まですることができ、回答までの時間が早いのはいいですが、提携ATMの数が少ないのが気になります。
自分は普段、ポプラというコンビニをよく利用しますが、ポプラでは、ノーローンのカードが使えないみたいです。
近くのセブンイレブンやローソンに行けば良いだけのことですが、プロミスやアコムのように利用できてもいいと思います。
ただ、申込みから現金受取りまでの流れがスムーズで、非常に速い点には、本当に驚かされました。
友達から借りたお金を返さないと・・・と、ずっと悩んでいましたが、夜、アイフルのCMを見て、カードローンを利用してみることにしました。
その日のうちにお金を受け取れると思っていましたが、申し込んだのが夜だったので、翌日の現金受け取りとなってしまいました。
夜間でもCMが流れているので、夜間でもお金が受け取れると単純に考えていましたが、そうではなかったみたいです。
審査をしてくれる「時間」があるみたいなので注意してください!
急にお金が必要になったときに便利なのが、銀行や貸金業者が提供するローンカードによるサービスです。

キャッシングとよばれることもありますが、いざという時のためにカードを1枚作っておくと安心です。

クレジットカードと異なり、カードローンのカードを作ることに抵抗を感じてしまうのが、プライバシーの問題ではないかと言われています。

実際、オリックス銀行カードローンの申込みにおいても、「在籍確認」が行われますので、そのときに勤務先に知られてしまうのでは、という不安が生じます。


在籍確認は、オリックス銀行が申込時に入力された勤務先に電話をかけ、「勤務先の情報」に誤りがないかどうかを確認するための手続きです。

ここで、「オリックス銀行は、ウソをついていると疑っているの?」と感じる人もいるかもしれません。

勤務先や年収などの情報については、「自己申告」となっていますので、最低限の確認手続きは、どの業者でも必要になります。


オリックス銀行カードローンの在籍確認は、
 (1)個人名で電話をかける
 (2)キャッシングの申込みとは分からないようにかける
 (3)確認が取れたら、すぐに電話を切る
という配慮があり、勤務先の人に借金の事実が知られてしまうことはありません。

インターネットの情報でも、オリックス銀行カードローンの在籍確認で、キャッシングがバレてしまったというケースはありません。

安心して申込み手続きを進めるようにしてください。


オリックス銀行カードローンの申込みに必要な書類は、「本人確認書類」と「所得証明書類」の2種類です。

本人確認書類は、運転免許証やパスポートなど、身元が分かるための書類です。

また、源泉徴収票などの所得証明書類が必要になるのは、申込金額(希望する利用限度額)が300万円を超える場合ですので、通常は、運転免許証などの本人確認書類だけで申込みができます。

これらの書類は、審査結果がでてから必要になるものですので、まずは、公式サイトにアクセスし、申込み方法について確認するようにしてください。


カードローンの申込で障害となってしまうのは、

 所得証明書が必要になるとき

ではないでしょうか。

所得証明書が不要なら、本人確認書類として、運転免許証や健康保険証だけで申し込めます。

即日融資が必要なときに所得証明書の用意は大変ですので、所得証明書不要のカードローンの見つけ方を理解するようにしましょう。


■少額融資なら所得証明書を不要です!

一般に高額融資でなければ所得証明書は必要ありませんが、

 「いくらから高額融資になるのか?

という問題があります。

高額融資の考え方にもいくつかりますが、

 ・消費者金融は50万円超
 ・銀行カードローンは100万円超

が高額融資と考えられます。

これは、所得証明書不要で借りられなくなる金額の目安ですので、自分が希望する金額に応じて、申込み先を選ぶようにしましょう。


■50万円以下のおすすめカードローン

希望する金額が50万円以下の場合のおすすめカードローンは、

 ・消費者金融プロミス
 ・新生銀行レイク

などになります。

どちらも一定期間の利息が0円になる、無利息サービスというものが用意されています。

無利息サービスを利用すれば、表面上の利率よりもお得に融資が受けられます。

プロミスの場合は、申込み後30日以内にポイントサービスに登録する必要がありますので、忘れずに登録するようにしてください。


■50万円超の希望額のおすすめカードローン

希望する金額50万円を超えるときは、消費者金融ではなく銀行カードローンを選びます。

消費者金融は、貸金業法の規制により、50万円超の融資をするときに所得証明書を受け取らなければならないことになっています。

しかし、銀行カードローンには、このような規制がありませんので、通常は、100万円程度までなら所得証明書不要で申し込めます。

ただし、当日中にお金を受取りたいなら、銀行カードローンの中でも「自動契約機」が用意されているバンクイックやレイクに申し込む必要があります。